インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」| 岡籐商事株式会社

文字サイズ

  • 大きく
  • 標準

11月26日(土)10時~16時はメンテナンスのため口座開設を停止します。

上場商品の基礎知識

上場商品の基礎知識

取引所名 立会方式 市場 取引銘柄
東京商品取引所(TOCOM) ザラバ 貴金属 金、金ミニ、東京ゴールドスポット100、銀、白金、白金ミニ、パラジウム
ゴム ゴム
石油 原油、ガソリン、灯油、中京ガソリン、中京灯油
農産物・砂糖 とうもろこし、一般大豆、小豆

※Expert(エキスパート)にて取扱いのある銘柄のみ掲載しています。

上場商品解説

商品取引所ごとにさまざまな上場商品を取り扱っており、商品取引員ごとに取扱商品が異なります。

img_gold

人々の財産の頂点に立つ価値の象徴として大きな魅力を有している金は、
モノと通貨の二面性を持つ、国際商品の代表的銘柄です。

img_silver

銀は金より優れた物性、科学特性を持つために、工業用素材としてかかせません。
特に写真工業用需要の50%を占め、景気動向に敏感に反応します。

img_platinum

白金

年間生産が金の16分の1しかない稀少貴金属。84年1月に上場され、90年にはニューヨーク・マーカンタイル取引所を抜いて世界一のマーケット規模になっています。

img_pt

パラジウム

パラジウムの埋蔵量は貴金属の中でもっとも少なく、銀の35分の1、白金の2分の1しかありません。
需要先の60%以上がエレクトロニクス関連商品です。

img_rubber

ゴム

全世界の90%が東南アジアで生産されています。その消費の75%は自動車向けタイヤ・チューブ類で、
その他、履き物、工業品などに幅広く使用されています。

img_oil

原油

原油はあらゆる産業に影響を及ぼし、インフレのバロメーターにもなる大変重要な商品です。生産国は中東諸国で構成されるOPEC、ロシア、米国などが上位となります。消費国は北米、欧州、そしてアジア地域となりますが、このところ成長著しい中国の増加が目立っております。

img_gasoline

ガソリン

ガソリンは、原油を精製してできる石油製品のうちの一つで、用途はほとんどが自動車用となります。
ガソリン価格の動向は、原油価格と密接に連動しています。

img_kerosene

灯油

ガソリンと同様原油を精製してできる石油製品で、用途は主に家庭暖房用となります。灯油価格は需要期の冬場に高く、不需要期の夏場に安くなる傾向があります。

img_adzuki

小豆

小豆は、これまで全国で120万~国産小豆だけでは需要を満たすことができず、不足分は中国を中心とした輸入で補っています。

img_soybean

大豆

良質な蛋白源として知られる大豆は、消費量の97%を輸入に頼っていますから、大豆の価格は海外の相場に大きく左右されます。特に、シカゴ取引所は大豆取引のメッカといわれます。

img_corn

トウモロコシ

日本は世界最大のトウモロコシ輸入国で、その量は年間約1600万トンに達します。
用途は家畜用の配合肥料が中心で他にコンスターチ、水飴、ブドウ糖向けなどがあります。


商品取引の基礎