インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」| 岡籐商事株式会社

文字サイズ

  • 大きく
  • 標準

4月8日(土)10時~15時30分はメンテナンスのため口座開設を停止します。

郷右近ブログ

アジア雑観:GLOBEX/貴金属、原油、穀物、上海ゴム気配値(21日15時20分現在)

 

AU@1279.51/1280.45
CMX6月限@1281.4

AG@17.960/18.040
Pt@973.10/977.25
Pd@798.75/804.20

BRENT現物@50.77/78
BRENT6月限@53.05(+0.06)
WTI6月限@50.79(+0.07)

上海9月限@14795(+355)

大豆5月限@948.75(+2.00)
コーン5月限@357.25(-0.50)

ユーロドル@1.0711
ドル円@109.35
ユーロ円@117.12
ポンドドル@1.2810
オージー@0.7534

米10年債@2.409-2.2391%

日経225(6月限)@18650(+180)

------------------------

■為替、貴金属、原油

ポンド、ユーロ、ユーロ円の順で立ち上がり、ドル円が108.11の月曜安値を経て反発し、足元は1
09.10越えで円高一巡からニュートラル。

ユーロはフランス選挙の結果はどうあれ、バランスはユーロ買いに動きやすい。ユーロ円の買いが始動す
るなら、ドル円は110.10~111.00まで戻り余地。

この場合の円ショートは100%投機で、東京の貴金属は円安背景の換算値上昇天井を形成しやすい。

目下、メタル全体でトレンドが強い順にパラジウム、銀。金とプラチナはトレンドレス。

原油は需要失調相場に戻り、50コースで新興国経済に暗雲。

ユーロの上昇持続はなく、いずれ、ドル売り中心通貨は円に戻り、105円コースへ。