インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」| 岡籐商事株式会社

文字サイズ

  • 大きく
  • 標準

4月8日(土)10時~15時30分はメンテナンスのため口座開設を停止します。

ゴールドはトップアウト?!米ドルとファンドポジション

金価格が崩れてきました。

ドル建てゴールドが直近の天井を付けたのは9/8.(1360ドル台)、
9/9の北朝鮮の建国記念日の前日でした。
それから1か月近い下落が続いています。
足元では1270ドル台へと90ドルもの下落となっています。

※ドル建てゴールド日足チャート

ゴールド

この背景には、9/9に北朝鮮が動かなかったことも上げられますが
(日柄的にはちょうどですものね)
それは、短期的な要因に過ぎず、マクロでみれば米ドルとの相関によるものかと思います。

※ドルインデックス 底入れした??

ドルインデックス日足


ドルの総合的な価値を指数化したドルインデックスとの逆相関で動く金。
2017年は年初から一貫してドルが下落基調にありました。

※ドルインデックスとゴールド比較チャート

「金ドルインデックス

その背景は昨年2016年11月の大統領選でトランプ大統領が誕生したことで
12月に向けて米金利が急騰、ドルも急上昇したことが上げられます。
相場が行き過ぎたんですね。

実際にトランプ大統領が就任すると、閣僚人事もなかなか決められない有様で
政策運営への期待が後退、米金利は一転下落基調に。

FRBは3月と6月に利上げを実施しますが、利上げにもかかわらずドルは上昇せず。
おまけに年央となると、マーケットは冴えない米指標を見て、
年内の利上げはもうないと勝手に判断。金利先物市場では2017年内の3度目の利上げ確率が
著しく低下し、債券市場でも金利低下が止まらず、ドルは下落を続けました。

これが9月のFOMCでひっくり返ったのです。

いえ、FRBとしてはスタンスを何も変えていません。
改めて、年内の利上げの可能性を排除しない考えを示したに過ぎないのですが、
9月FOMC直前には、ハリケーンが相次いで米国に上陸し、大きな被害をもたらしたことも
心理的に弱気となっていたところへ、イエレン議長の変わらぬ利上げのスタンスは
かなりのタカ派に映ったというだけなんですけれど、まあ、市場はびっくりしたわけです。

12月もう一度利上げがある?!

ということで、マーケットではこれまで利上げ思惑を織り込んでいなかった分を
取り戻すように金利が急反発し、ドルも急反発に向かっている、というのが今の相場。

この織り込みがいつまで続くのか、あるいはどのレベルまでドルが反発すれば
織り込み済みとなるのか、、、を見極めているという感じですが、

ドル高となれば、、、、ドル建てゴールドは下がってしまいます。
ということで、勢いよく下落してしまっているわけですが、さて、ここからどうなるでしょう。

基本的には、ドルインデックスが本当に底入れしたのか否かがポイント。
実は週足で見ると、まだ大底には見えなかったりします・・・・。

※ドルインデックス週足

ドルインデックス週足

 

ゴールドとの逆相関、その相関性が強いので、ドルが本当に底入れして上昇してくるかどうかが大きな材料です。

その意味では、今週の雇用統計の数字などはかなり意識されることと思います。
というのも、8月に相次いで米国に上陸したハリケーン被害が
雇用統計にどの程度の悪影響を及ぼしているのか、、、かなり歪みが出る可能性があるからです。

そもそもNFP,非農業部門雇用者数は+13万人前後と予想自体が控えめ。
その控えめな予想よりも尚悪い数字だったら、金利は低下、ドル売りとなる可能性が大きいでしょう。

ただし、予想よりも良ければドル高加速、ゴールドはさらなる下落を強いられます。

そして、気になるのが、ゴールドマーケットの需給。

短期筋が北朝鮮リスクを材料に随分とゴールドの買い持ちを増やしていました。
そのポジションが解消される過程でゴールドが下落してきているのですが、まだまだ買い残は高水準。

ゴールド建玉

このファンド勢のゴールド買い越しポジションがさらに整理される方向にトレンドがあるなら
ゴールド下落はまだ序盤。1100ドル台への下落があっても不思議はありません・・・・。

トレンドラインを割らずに踏ん張ってほしいのですが、、、

※ドル建てゴールド週足

金週足

1250ドルを割れると、下落が加速しそうですね。

先物市場の短期筋ポジションだけではありません。

ゴールドETF市場への資金流入にも陰りが、、、

Gold.BullionVaultさんのTwitterにこんなつぶやきが。

ETF

 

ゴールドETF市場は、ゴールド価格下落局面にも資金流入が続いていたのですが、

その流れが止まってしまうのか・・・。

ひょっとすると年末に向けて、大きな下落相場があるかもしれません。
ここから年末に向けては、ゴールドを戻り売りと考えています(;´д`)