インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」| 岡籐商事株式会社

文字サイズ

  • 大きく
  • 標準

2月10日(土)午前6時30分~2月11日(日)午後15時まではメンテナンスのため口座開設を停止します。

レンジブレイクに失敗したゴールド、為替の影響大きく

ドル建てゴールド価格は、レンジ上値をブレイクしてトレンドを作るのに失敗。
レンジが続きます・・・・。

※ドル建てゴールド Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/

ゴールド

ブレイクすると思ったんですけどねぇ、、、甘かった。
というのは、このところユーロドル相場との相関が非常に強く、
ユーロドル相場が、一時、レンジをブレイクして高値更新したんです。

※ユーロドル相場 Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/

ユーロドル

でもこうやって冷静にチャートを眺めるとユーロドル高値更新はたった1日。
上髭を作って下落しており、典型的な「ブルトラップ」というダマシの形状。

ブルトラップというのは、レンジを上値ブレイクしてからの反落でレンジ内に
叩き落されることで、この場合しばらくは高値奪還は難しい、、、。

ユーロドルが弱いということは、ドル高なんですね。

ドルインデックスを見てみると

※ドルインデックス Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/

ドルインデックス
見事にWボトムを付けて上昇を開始しているように見え、
ドル安トレンドが終了したかに見えます。

米国が通商問題に本格着手、財務長官がドル安が好ましいといった趣旨の発言をし
マーケットは2018年のドル安トレンドを確信したところでしたが、
あまりにコンセンサスになると、それがひっくり返ったりするもんですねぇ。

ドルインデックス、週足でみるとテクニカル的には重要な節目で下げ止まっています。

※ドルインデックス週足

ドルインデックス週足ライン

ただ、これで大きなドル安トレンドが終了したというわけではないでしょう。
週足での移動平均線大循環分析から92~93Pまでドル反発があっても
下落トレンドは継続中と言えます。節目で下げ止まっての反発の時間帯なんでしょう、きっと。

しかし、ドル反発の時間帯はゴールドは下落圧力にさらされます。

週足でチェックするとゴールドは長期的なレンジ相場の中にあり、
レンジ下限までの下落は覚悟しておかなくてはならないかもしれません。

まずは目先1300ドル節目を維持できるかが問われますが
それをした抜ければ1250,1200ドルと下値サポートラインを引くことができて
ここまで下がってもなおレンジにすぎません。

ゴールドは本当にボラの少ない安定した価格推移の優等生。
ですから、もし、金利上昇で値動きが神経質となってきた米株が再下落となれば
初動では一緒にゴールドも売りにさらされますが
次に株からキャッシュ化されたマネーは価格の優等生であるゴールドに
ETFという形で流れ込んでくると思われ、レンジ下限をブレイクして
下落トレンドを作るということは考えにくいと思っています。

ゴールドは2000年代にETFという形で証券化されてから、機関投資家やヘッジファンドの
投資対象として組み入れられ、価格水準が大きく引き上げられました。
機動的にゴールド投資ができるようになったことと、
2000年を境に逆に鉱山会社がこれまで先売りしてきたヘッジのポジションを買い戻し始め、
以降はヘッジ売りをしなくなったという経緯があり、
これも金価格を安定した水準に保つ要因となっています。

ですから、レンジに叩き落されたゴールドは、レンジ下限にまで落ちることがあれば
買いたいと思っています。バーゲンハントのチャンスですね。

円建てではどうでしょう。

※TOCOM金先物 Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/

TOCOM金日足

 

 

足下下落が大きかったですねこれはドル円相場の円高が影響しています。

※TOCOM金とドル円日足

TOCOMとドル円

黄色のラインがドル円相場の推移。円高進行でTOCOMゴールドが下落を加速させたことがわかります。
ドル円相場は、ドル高でもあるため、足下ではドル高円高で膠着、踏ん張っていますが、、、
再下落で、一部市場に広がっている105円割れ、100円方向への円高示現となれば
どうしてもTOCOMゴールドも下落してしまいます。

まずはレンジ下限の4430円くらいまでの下落は見ておいた方がいいかな、という気がしますが、
やはりレンジ下限まで安値があれば買いたいなぁと思います。

そのくらいまで円建て金価格が下がれば、現物を買ってもいいかも。