インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」| 岡籐商事株式会社

文字サイズ

  • 大きく
  • 標準

2月10日(土)午前6時30分~2月11日(日)午後15時まではメンテナンスのため口座開設を停止します。

相場を予想する方法

相場を予想する方法

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

商品価格の動向を予想する方法には、
大きく分けて「ファンダメンダルズ分析」と「テクニカル分析」の2つの方法があります。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析の前提となるのは、“価格は需給と供給のバランスで決まる”という経済原則です。この考えに基づき、ある商品を取巻く経済の基礎的な要因および環境の変化が、価格に上昇圧力を加えるのか、それとも下落要因として作用するのかを判断します。
例えば、南アフリカの金鉱山で大規模なストライキが起きたというニュースが出たとします。中には「機械化すればストは解決できる」と考える人もいるかも知れませんが、投資家の目線で商品市場を眺めていれば、「スト→供給減少(需要が不変なら)→価格上昇」というストーリーを描くようになるものです。
いまある需給関係に変化をきたすであろう生産や加工、流通の状況を調べたり、各種の経済指標、金利水準、政治動向などを検証することがファンダメンタルズ分析の第一歩です。

テクニカル分析

テクニカル分析では、“日々のマーケットで形成される価格こそ全てのファンダメンタルズを織り込んでいる“との仮定に基づいて価格の動向を予測します。
具体的には、価格の動きを「チャート」(グラフ)に描きだし、統計的手法や経験に裏付けされた分析に加えて、将来的に価格が変化するターニングポイント(節目)を予測します。
とは言えテクニカル分析は厳密な意味での科学ではありませんから、同じチャートを眺める人によって結論は異なる場合があります。それでも一定以上の信頼性をもって受け入れられているのは、多くの投資家が同じ分析を用いる場合、同じ価格水準を変化の節目ととらえて売ったり買ったりするからです。

bunseki

どちらの分析手法も重要ですが、毎日の膨大な情報の中から必要なものを抽出し、素早く適正に処理をしたり、チャートには、指標と現実の動きとが乖離する「ダマシ」も多いので、それぞれ経験と知識が必要ですが、当社Expertでは、投資家の皆さまに相場動向を分析していただくための情報サービスに力を入れており、Expertの取引システム内では、お客さま限定の相場分析レポートやチャートシステムなどさまざまな情報を提供しています。

⇒Expert(エキスパート)の情報サービスはこちら


商品取引の基礎