日本フィナンシャルセキュリティーズ

ゴールド、米利上げきっかけに上昇開始の鉄板パターン?!

ゴールドは米国利上げを転機に反転上昇するというのが鉄板パターン化してますね。
その背景は、毎度異なるのかもしれませんが、これまで3回、きっちり利上げ実施の日から
ゴールド上昇してます。ということで、FOMC利上げ発表の瞬間の乱高下時の4419円で
TOCOMの金ロング参戦。先ほど4470円で半分手仕舞いました。ここからは押し目買い。

今回も利上げ前にはかなりゴールド市場、売り込まれていました。
というのも、3月初旬にFOMCボードメンバーらが相次いでタカ派発言。
3月利上げが急速に織り込まれただけでなく、ひょっとしたら年3回じゃなくて
年4回の利上げもあるんじゃないの…?!とか、
金利だけじゃなくてFRBのバランスシート縮小議論にまで
積極的なスタンスを明らかにするんじゃないの…?!とか
随分前のめりになってしまっていたのね。

だから、フツーに利上げして、見通しも前回と変わらず。
というだけで、市場は軽く失望しちゃったってわけ。
これで、米債券利回りは低下。ドルは下落、これと逆相関に金が上昇しました。

過去2回も値動きとしてはほぼ同様のことが起きています。
まずはショートカバーがでて、そして、価格上昇に伴って新規買いが出てくる。

ということで、過去の利上げ後のゴールドの上昇を見ても、
今回も同様にゴールド上昇がしばらく続くんじゃないかと思ってます。
利上げと金

オレンジのライン、一番左が2015年12月の利上げのタイミング。
真ん中が2016年12月の利上げ、右が今週です。
テクニカル的に、今回年初からの上昇幅の丁度半値押しのところで
下げ止まっての反転となっています、調整完了でいいんじゃないかな?!

特に4-5月のフランス大統領選、6月フランス議会選に向けたリスク回避の
資産分散のマネー流入も期待できることや、
インドの婚礼需要期の5月には実需の買いも期待できるのでは、、、と
金融・貴金属アナリスト 亀井幸一郎氏。

ラジオNIKKEI マーケット・トレンド
利上げきっかけに上昇に転じたゴールド、ここから
http://blog.radionikkei.jp/trend/post_725.html

逆に言うと、それほどドル高は加速せず、
金融市場はしばらくゴルディロックス、米株もゆるゆる上昇基調ということかな。