日本フィナンシャルセキュリティーズ

ゴールド1300ドル節目トライ失敗か~ドル高基調へ

やはり、ゴールドの1300ドル大台突破は一筋縄ではいかないようです。
昨日のブログで、ゴールドが1300ドル大台を突破する上昇となるならば
それは、ドル円相場が108円のレンジ下限を下方ブレイクして円高が進んでしまうことを
意味すると書きましたが、今日は為替市場では「ドル高」が進行中。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、グアムへのミサイル発射計画について軍から報告を受け、
何らかの決定を下す前にもう少し米国の行動を注視する姿勢を示したと伝わったことで、
東京マーケットでは株式市場、ドル円相場の踏み上げ相場に発展。

まだ完全に有事へのリスクが後退したわけではありませんが、
ひとまず売り方の買戻しが大きく入ったようですね。

ドル円とNYゴールドの相関チャートに着目していましたが
綺麗にドルが反転、ゴールドが反落してきました。

※NYゴールドとドル円相場相関 青いラインがドル円

 ドル円

先週末にかけては、北朝鮮有事はすぐにでもあるかのような勢いで
株やドル円、クロス円などのリスク資産に仕掛け的な売りが入りましたが
その時期が今ではなく、もうしばらく後になるかもしれない、というだけで、
まだ安心はできません。

ドルインデックスが、いいところで切り返して来ましたが
有事であればドル需要は増すと考えられ、ドル高となる可能性を織り込み始めた、
と考えることもできるのでは。。。

※ドルインデックス ココを割れたらドル安加速というところで踏みとどまっています

ドルインデックス


また、バルチック海運指数が11日続伸で、4カ月ぶり高水準というニュース。
鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数ですが
8月に入ってから急上昇。これに関してTwitterである方が
「 各国が、有事に備える在庫買い付けと、業界での噂です。」と教えてくださいました。
鍵アカウントなので、ここでご紹介は控えますが、なるほど、腑に落ちる動きです。

バルチック海運指数5年 日足チャート

バルチック

だからまだ甘く見ないほうがいいのかもしれませんが、、、

ポールソン氏らヘッジファンド運用者が恩恵-米朝関係緊張で金上昇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-15/OUP9066S972901

リスク警戒からゴールドに資産を振り向ける向きはそこそこあるようですので、
まだ、完全に終わったということでもないかもしれません。

ひとまずは、リスク後退で金売り、ドル円反発ですね。

個人的にはプラチナショート中です。また今度。

cfes2017_72890