日本フィナンシャルセキュリティーズ

ドル建てゴールド1300㌦大台固める展開となるか

先週末8月18日㈮、ドル建てゴールド価格が1300㌦大台乗せ示現。

白人至上主義団体とその反対派の衝突に関してのトランプ大統領の発言が波紋を広げる中、
国家経済会議(NEC)委員長を務めるゲーリー・コーン氏の辞任の噂などで
米株やドルが売られる展開に、リスクを嫌気した資金が金市場に流入、
金価格を押し上げていましたが、
スペインでのテロ発生が1300㌦大台乗せの材料となりました。

リスク回避はドル円相場での円高を誘引します。
この時ドル円相場は108.60円台まで下落。。。
ゴールドは1300㌦大台タッチ。
見事に逆相関の関係が続いています。

 

ドル円ゴールド

1300㌦台では利食いも旺盛だったようで1300㌦台を終値で維持することは
出来ませんでしたが、利食いというだけでなく、実際にトランプ政権を去ったのが
コーン氏ではなく、バノン主席戦略間上級顧問であったことが、一部には歓迎され
株の買戻し、ドルの買い戻しを誘ったようです。

火種となっていたバノン氏の更迭で政権運営への期待感が広がるとの指摘も
あるのですが、逆にトランプ大統領の最側近であったバノン氏が辞めたことは
トランプ大統領の支持率を大きく低下させかねないわけで
これでリスクは去ったとはとても言い難い環境。

週明け、金相場は1280㌦台まで下落していたものの、
NY時間に入って再び1300㌦大台を試すような上昇を見せ始めています。
ドル円相場も108円台をサポートできるのかどうか・・・。

ということで、非常に重要なポイントに差し掛かっているドル円相場と
ゴールド相場。今週から始まった米韓軍事演習は8/31まで続きますが
8/25は北朝鮮の先軍節、例年この時期にはミサイルを飛ばすとか??
9/9北朝鮮建国記念日、トランプ大統領が安倍首相との電話会談で
「北朝鮮のである9月9日に北朝鮮を空襲する」と発言したとの一部報道もあり
有事勃発のリスクともされています。何かあればゴールドは瞬間吹き上がりそうです。

同時に今週は、ジャクソンホールシンポジウムでのイエレンFRB議長の講演や
ドラギECB総裁の講演が注目度が高く、ドル安がさらに加速するのか、
大転換となるのか、それによってゴールドの1300㌦大台固めが実現できるかが試されることに。

今夜にもまた1300㌦大台を達成しそうな勢いですが
そうなれば、株式市場は更に崩れる可能性もありますね。
特に今週は荒れそうです。。。

cfes2017_72890