日本フィナンシャルセキュリティーズ

OPEC会合紛糾?!減産継続織り込みで上昇中の原油

原油が堅調ですが、事によっては急落するリスクが出てきました。

米国、欧州、そして日本でも新型コロナウイルスの感染再拡大で
ますます人の移動が制限されることが懸念される中、
原油が強いというのはどういうわけでしょう。

①ワクチン実用化への期待

米ファイザー:独ビオンテックのワクチンは
米国では12月11日、英国では12月7日にも接種開始と
報じられており、EU当局対しても昨日30日に認可申請を提出しています。

米モデルナのワクチンも30日、緊急使用の許可申請を行ったことが
報じられており、早ければ年内に接種開始が見込まれます。

EU当局はファイザーに関しては遅くとも29日まで、
モデルナについては来年1月12日までに可否を判断するとしており
欧州でも1月には接種開始となるかもしれません。

ワクチンに効果が見られれば、経済の正常化が早まるとの思惑が
株式市場への資金流入をもたらしていますが
これは人の行き来が正常化するという意味で原油市場にもプラス。

②OPECプラスは来年1月以降も減産継続・・・・?!

OPECプラスは、12月1日、今日会合が開かれるはずでした。
(OPEC石油輸出機構+これに加盟していないロシアなど非OPECで形成される枠組み)
ところが、この会合が12月3日に延期されてしまいました。

OPECプラスの会合を控えて、OPECがまず11/29~30に会合を持ちました。
ところが、ここで減産継続を巡って話し合いが紛糾したようなのです。

~OPECプラスは現在、協調で原油の減産を実施しています。
現在は日量770万バレルの減産を実施していますが、この計画は年内まで。
来年1月からは日量190万バレル程度増産し、
減産規模を日量580万バレルに縮小することが決まっていましたが、
この計画を先延ばしし、現状の770万バレルの減産規模を維持しよう、
ということが話合われると、市場は期待していました。
この減産継続合意が織り込まれる形で原油は上昇してきていたのです。

この話し合いが上手く行っていないとな。

OPECプラス会合を12月3日に延期、さらなる協議必要と判断
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-30/QKMMTNDWRGG101
~会合は異例の緊迫を見せ、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は
OPECプラスの共同閣僚監視委員会の共同議長を降りる可能性を他の閣僚らに伝えた。

どうやらアラブ首長国連邦(UAE)がゴネているようで・・・。

コロナ禍、産油国は原油価格維持のために減産を強いられ財政は悪化の一途。
外貨を稼ぐためには増産したたくさん売りたい、、、だろうことは
想像に難くないのですが、この減産の枠組みが乱れれば
価格が大きく下がるリスクがあるのです。

4月に原油がマイナス40ドルというとんでもない下落となったのを
覚えていますよね。あれもコロナ禍、原油需要が低迷する中、
減産の話し合いが紛糾しサウジが怒りの増産表明をしたことがきっかけでした。

サウジとUAEが増産表明、一段の供給過多の恐れ
2020年3月12日02時11分
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN20Y192.html

その他にも特殊な需給要因が絡んでマイナス圏へ突入~
WTI原油先物▼40ドル~米英ロックダウンからの限月間スプレッド拡大
https://www.shouhinsakimono.com/expert/blog/ohashi/130002/

サウジが増産を表明した時は、原油相場、窓を開けて急落したんですよ。

※WTI原油
サウジ増産

今回はそんなバカな発言はないと思いたいですが
トランプ大統領の睨みが効かなくなった今、ふたたび産油国らは
まとまりがなくなってしまうかもしれません。。。

※マイナス40ドルまで下落した原油、米国も産油国ですので
トランプ大統領が激怒し75年間続いた米軍によるサウジの保護を
続けることができなくなるとしてサウジ駐留米軍撤退を迫り
減産に向けてロシアと合意するよう要求したことで、
改めてOPECをプラスが協調減産合意にこぎつけたという経緯がありました。

4月の原油急落の危機を救ったのはトランプ大統領だったのです。

トランプ大統領がレイムダック状態となった今、
産油国の足並みが揃わず原油が急落したとしても
米国は動かない可能性がありますが、、、。

しかも原油市場のポジション需給をみると
投機筋も原油ロングを積み上げつつあります。

米国商品先物取引委員会 (CFTC) が発表した11月24日時点の建玉報告、
ヘッジファンドらによるWTI 原油先物の買い越し幅は前週比10.1%増。
3週連続の拡大で30万枚台に増加しています。
eeeeeeeeew合意に至らずとなれば原油急落の可能性も。

12月3日のOPECプラス会合が大大大注目です。。。

地方セミナー、司会とモデレートでご一緒します。 皆さんお気軽にご参加ください。

12月6日(日)会津若松 https://www.nihon-fs.co.jp/seminar/seminars/20201206_aizuwakamatsu

12月12日(土)愛知県半田 https://www.nihon-fs.co.jp/seminar/seminars/20201212_handa

1月23日(土)長崎県佐世保 https://www.nihon-fs.co.jp/seminar/seminars/20210123_sasebo

1月30日(土)和歌山県田辺 https://www.nihon-fs.co.jp/seminar/seminars/20210130_tanabe