日本フィナンシャルセキュリティーズ

原油は底値練り?!まだ下値確認できず・・・

今日は商社丸紅の決算が株式市場では注目されていましたね。

丸紅、純利益1100億円に下方修正 
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLASFL26HOE_26012015000000

2015年3月期の連結純利益が前期比48%減の1100億円になる見通しで
従来予想であり4%増の2200億円から一転減益となり、予想比では半減。

その理由が、、、原油・銅・石炭価格の下落。

長期的には原油安は日本経済にとってはプラスであろうという
見方が大勢で、私もそう思いますが、
わずか半年で半値以下にまで下落してしまった原油価格がもたらす
負の部分はまだまだ出きっていないようですね。

丸紅社長は
「原油価格がここまで下がるとは思っていなかった」
 「今後もしばらく市況低迷で厳しい経営環境」
「30ドル台に突っ込んでもおかしくない」

とお話されているようですが、、
確かに私も30ドル台、20ドル台まで下がる可能性は十分にあると
思っているんですが、こんな発言が出るころには、いったん反発して
底打ちを思わせるようなプルバックがあるんじゃないか、なんて
気もしてきます。

自分の原油ショートを買い戻しちゃったもんだから、
どんなニュースも都合よく解釈しちゃうわね(^^;
今は原油ロングに失敗して、ノーポジションだけれど。

24日の土曜日の日経新聞にも
「原油指標価格逆転も視野 WTI、ブレントに接近」と

先日私がコモログで取り上げた事象が解説されていましたが、
この日経新聞の記事でもう一つ、興味深いのが

原油を含む先物取引では、決済期限が近い「期近物」が決済まで遠い「期先物」に比べて安い順ざや(コンタンゴ)となると、備蓄を活用した取引が増えやすい。トレーダーなどは在庫を抱えれば、利益を確保しやすい。

という部分です。

で、今、原油先物市場の鞘関係がどうなってるのかな~と思ってみてみたら

http://jp.investing.com/commodities/crude-oil-contracts

綺麗に順ざや。順ざやに買いなし。逆ざやに売りなし。といいますが、
この状態では、基本あまり強気はできないかなぁということになりますね。。

まだまだ底打ちした!と決めつけるには早かったか、と思いますが、
もう少し様子を見てみましょ。