日本フィナンシャルセキュリティーズ

3月FOMC受けドル高修正、コモディティ全面高

昨晩は、コモディティも大きく動きました。


材料は大注目であった3月FOMCの結果を受けてのドル安。
つまり、需給は関係ないですね、金融要因でこれまでの相場の
ポジションの偏りが大きく整理される動きが出たようです。

原油15
水曜は週間在庫統計が出て、このところは毎週のように在庫が
増加しているというニュースが出るので、この指標に向けて(受けて)は
下落するというリズムが繰り返されていた原油相場ですが、
昨日は在庫統計の数字に神経質に動く局面があったものの
その後のFOMC受けてのドル安のボラティリティが大きすぎて(^^;

◆原油在庫統計
米国エネルギー情報局(EIA)3月18日発表の週間統計
先週末の米国の原油在庫は962万バレル増(予想370~410万バレル増)
原油在庫は10週連続の増加。原油在庫は4.5億バレルを超てます。
※予想が低すぎるのか、在庫積み上がりペースが異常なのか(^-^;
この数字見たら普通なら買えませんよ、原油。
ただ、ガソリン在庫は447万バレル減少(予想90~180万バレル減少)
これで製品相場、ガソリンが反騰したことに原油も連れる場面がありました。

ガソリン在庫減がきっかけで、原油相場も乱高下したことで
私が保有していたドル建て原油、TOCOMガソリンショート利益が
みるみる減価、あわてて買戻したのですが、思えばこの時点から
相場のムードが変わっていたのかもしれません。

年初からの米国原油在庫増加ペースは週間660万バレルですが、
もしこのペースで増え続けたら後9週くらいで
全米の貯蔵能力の限界に達するとの指摘もあります。

それなのに、、、FOMC受けてのドル安で、原油は42ドル台から
45ドル台にまで3ドル近く一気に上昇したのです。
TOCOMガソリンも上昇。
FOMC受けての反応があまりに大きかったので飛び乗って
原油、ガソリンをスキャルピングで抜きました。
ショートはそうそうに撤退しておいて良かった・・・。
売っていたら踏み上げられてボロボロでした。

ドル円相場も121円台の膠着から119円台まで下落する円高です。
FOMCのフォワードガイダンスの変更を受けて
材料出尽くしの形で、これまでのドル高の
巻き返しが入った形ですが、これが相場のド転換になるかどうかは
わかりません。基本的には他の国との金融政策の対比でみれば
ドルを買うしかない相場。
ある程度の相場の整理が終われば、再びドル高になると思うのですが、
これは他のコモディティマーケットにも言えることで、
原油やガソリン、そして金やプラチナも、昨晩猛烈に買い戻されましたが、
これが大底と見るのは時期尚早。
ショートカバーに過ぎないと思います。

一定の戻りを確認したら、戻りは売られる可能性が大きく、
私はすでにドル建ての原油をショートし直しました。
TOCOM銘柄はドル円の下落がどこで止まるか確認してから、、
でしょうか。

FOMC受けて、欧州勢がどう反応してくるかを一通り
見てからでも遅くはないでしょう。
イベントや事件があったら、24時間、世界を1周してみないと
どこにどんなポジションの偏りがあるかわかりません。
一巡するまで焦らず機を待つのも大切ですね。
(原油もう売っちゃったけど)

【TOKYO GOLD FESTIVAL 2015お知らせ】
ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのイベント
「TOKYO GOLD FESTIVAL2015」が、
5月30日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。
金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、
限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。
“ゴールドのスペシャリスト”亀井幸一郎さん・池水雄一さんの講演のほか、
落語家・柳家花緑さんによる金にまつわる新作落語の披露など、内容盛りだくさん!
豪華グッズが当たる抽選会もあります。友人・ご家族連れでぜひお越しください!
私、大橋ひろこもイベントを盛り上げに参加します!
参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!