日本フィナンシャルセキュリティーズ

ドル建て金、原油はドル高是正で反発中

ドル安、、、とまでは行きませんが、ドル高の是正が入っています。

ドルインデックスは100大台達成も、現在97くらいまでダレて来ました。
ドルインデックス

3月のFOMCを受けて、
利上げ時期がこれまで早ければ6月とされてきたのが
9月に遅れそう、、、ってな見解が広がってきたことが一因かしらね。

予想通りに「忍耐強くなれる」という文言は削除し
フォワードガイダンス変更となったのですが、景気見通しは下方修正、
金利の先行き見通しも下方修正となったことで、
それまでイケイケどんどん出上がってきたドルに利食いが入っている、
といったところ。

かといって、ドル売りが積極的に出ているという状況でもないので
ここからの先読みは難しいわよね。

だって、マイナス金利のユーロを新規で買うなんてことは
誰もしないでしょうし、あくまでこれまでの偏ったポジションの調整が
入っているだけでしょうから、大転換とはなりにくいもの。

かといって8か月も連続陽線を連ねてきたドルインデックスは
そろそろ一服しそうなわけで、ドル高の是正からドル安基調なわけで
これが、昨今のコモティティ市場の上昇の背景。

原油も、金もFOMCを境に戻り基調に入ってきました。

これがどこまで続くのか。。。

その期間とターゲット価格を定めるのは難しいのですが、
今回の反騰はそこそこ続きそうなチャートなのよね。
だから、原油と金ロングしたいところ。。。

需給では原油なんか買えませんよ。
でも、金融要因、ドル高が止まる、というだけで
それなりに戻る可能性があるとこまで下げていたわよね。

ということで、46.50ドル割れに指値して寝ることにします。

あ、今は「ドル建てのコモディティ」の方が解りやすいですね。
ドル高の是正ということですから、ドル安=ドル建て商品高ですが、
ドル円市場では円安の是正ということになりますから
円高気味でしょ。ドル円相場今日は119.50円近辺まで落ちてきて、
TOCOMの円建て金価格はこのドル円下落に頭を抑えられてしまいます。

それでもドル建てが大きく上がれば追随して上がるんでしょうけれど、
せいぜいドル高の是正でのドル安っていう相場なので、上昇も地味です、
どちらかというと円高に圧迫される展開なので、
円建ての商品は手がけにくい局面にありますね。。。