日本フィナンシャルセキュリティーズ

サウジによるイエメン空爆、地政学プレミアムで原油急騰

原油が急騰していてびっくり!
原油日足

確かに番組などで原油の専門家などにお話を伺っていた際に
原油価格低迷が続けば、サウジ、、、中東あたりでの地政学リスクに注意。
ということを聞いてはいたんですが、このタイミングか。。。

価格低迷が続き、財政が苦境に陥ると、これまでは産油国はOPEC総会で
原油減産を決定し、需給を引き締めることで価格を支えてきましたが、
米国シェール革命などで非OPEC国の原油が増産される時代にはいって
OPECの減産など意味がなくなってしまったんです。

むしろ、OPECが減産しても米国は増産を続ければ、シェアを米国に
奪われるだけですものね。

ですから、そうした価格コントロールができないとなれば
原油生産に懸念が生じる行動に出る可能性はある、
というものでしたが、これが現実に起こったわけです。

原油先物が上昇、湾岸諸国によるイエメン空爆受け

http://jp.reuters.com/article/jp_mideast/idJPKBN0MM05I20150326?feedType=RSS&feedName=jp_mideast&virtualBrandChannel=13362&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

昨日はEIAから例の,週間在庫統計が発表されましたので、
その時は一瞬原油が急落したんですよね。
23:00台に。

その安値を拾っていれば。。。なのですが(^-^;

というのも

原油在庫は前週から817.0 万バレル、11週連続での積み増し
おまけに需要も大幅に減少するという超弱気の内容だったのに
あんまり下げなかったんですよ。下げ幅が限定的というか。。。

この在庫増のニュースは毎週のイベントで、11週連続の積み増しなので
11週も繰り返されていれば、このネタに飽きてきていた、、、というのも
あるかと思いますが、
チャートを見れば、上昇基調にはいりつつあったので
こういう急落で、下げ幅が限定的と見れば、買うという戦略を
描いておかなければ勝てないのですよ・・・・

1時間足。急伸、じり安を繰り返して上昇してきています。
こういう形になる時って、結構トレンドが続くケースが多い。
gennyu 1h

それなのに、昨日はなんだか油断していて原油、ガソリンロングせずに
寝ちゃったわ。。。大後悔よ。

前の晩46.50割ったところに指値しておいたのが、かからずに
上げていっちゃった相場でした。


さて、ここから。

基本的に需給環境は変わっていません。
だから、大底確認のトレンド転換の上昇じゃないのですが、
今、コモディティ全体が買い戻されていますね。

同時にドル高の修正が起きているんです。
米国要人からは利上げに慎重な発言が相次ぎ、
ドル高の流れが止まって、ユーロが買い戻されています。

この波に乗る形で、サウジが行動を起こしたんですね。
相乗効果的に作用して原油が勢いよく上がりました。
策士です・・・。

本来なら、需給好転の相場ではないので、
地政学プレミアムはすぐに剥げ落ちると考えていいのですが、
(つまり、今から売りでいい)

ところが、外部要因としてのドル安が来ているので難しい。
全体の流れとしては、株が落ちてドル安が来て、、、と
これまでの相場の逆流が起こっている。

つまり、そう簡単に下がらないかもしれないということ。
チャートもかなり好転してるのよね。

だから、ドル高是正が続く期間は原油も戻り歩調で
フィボナッチの23.6%の60ドル前後、あるいは68.2%の
75ドル前後まで、戻る可能性があるのかもしれません。


※ちなみに、
イエメンの原油輸出量は月140万─150万バレル程度。
イエメン情勢がさらに緊迫化し混乱が拡大しなければ
原油市場への影響は限定的。

そう考えて、ここをショートすると踏まされるかもしれませんよー