日本フィナンシャルセキュリティーズ

利上げを巡る思惑でドルが神経質に~金、原油も連れて乱高下

 

昨晩4月1日水曜に、ドル建てComex金とWTI原油価格が急騰しました。

NY金チャート
NY金価格

WTI原油チャート こちらは分かりやすいように時間足
000

原油は最近在庫統計には素直に反応しなくなっていますね。
需給より金融要因、ドルの動向に神経質に反応しています。


おそらくきっかけはADP雇用指数とISM製造業景況指数。

①ADP雇用統計

予想 22万人 → 結果 18.9万人(前回21.4万人)

②ISM製造業景況指数→5か月連続の低下

 51.5 前回2月分は 52.9 で2013年5月以来の悪い数字

これで、米国の利上げに慎重な見方が強まったということでしょうか。
ドルが弱含むとコモディティが反騰した、というわけ。

はっきりとドル安に転換したわけじゃありません。
3月18日のFOMCを受けてドル高の勢いが止まって、
ドル高是正の動きが入っていたのですが、
その動きが強まったという感じね。

今週はIMFが発表した各国中央銀行の外貨準備の通貨構成で
ユーロの保有比率が下がっていたために、ユーロ売りが加速
する局面があって、ドル高回帰か?!という動きに
戻りかけていたのですが、う~ん。ドルとユーロの行方が
見えにくくなってきてるので、日替わりで強気になったり
弱気になったりで、すごく神経を使う相場です。

しかし、金や原油の現物需給とは全く関係のないところで
これだけ値動きがあるとは。。。

いえね、昨日は原油の週間在庫統計が発表されていたのです。

米原油在庫過去最高、12週連続で増加=EIA週報
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0MT04K20150402

3月27日現在の米国内の原油在庫は12週連続での積み増しですよ。
この数字だけみれば、原油は売りですよ、売り。
在庫がどんどん増えていく一方なんですから。

ただ、細かく見ていくと米国内の生産が横ばいになってきている
ことに注目している向きはあって、この期待と思惑が
原油相場の下支えになっていくかもしれません。

米国の原油生産量が横ばいに,今後どうなる?
http://blog.radionikkei.jp/trend/date/20150327/

低迷原油価格、回復の芽出るか―減産予想が支え
http://jp.wsj.com/articles/SB11518624559298843387804580553511852121070

加えて
こんなニュースも材料となってみたい。

◇イランの核問題は、欧米諸国との枠組み合意の目標としていた3月31日までに合意に至らなかった。
協議は延長されたが、合意に向けた不透明感が強まった。
協議合意でイラン産原油の供給が増えて原油の需給が緩むとの観測がやや後退し、
原油を買い戻す動きも出た。

ただ、昨日に関してはドルを巡ってのポジションの巻き返しでしょうね。

今週末、明日金曜はグッドフライデーで欧米の商品市場は
お休みになります。週明けはイースターマンデーで欧州がオヤスミ。

だから、休暇前のポジション調整という値動きだった可能性も高く、
このトレンドに(金買い、原油買い)ついて行っていいのか?
というと、ちょっと待て!だと思います。

逆張りで売るほどの勇気はないです。
欧米勢の休暇を控えて商い閑散となる中、
新規で飛び込まなくてもいいでしょう。

思わぬ変な動きが出るリスクが大きいですものね。

でもチャート的には、ここから原油はさらに高値を付けそう。
もし、新規で入るならロングです。

【TOKYO GOLD FESTIVAL 2015お知らせ】

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのイベント
「TOKYO GOLD FESTIVAL2015」が、
5月30日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、
限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。

“ゴールドのスペシャリスト”亀井幸一郎さん・池水雄一さんの講演のほか、
落語家・柳家花緑さんによる金にまつわる新作落語の披露など、内容盛りだくさん!

豪華グッズが当たる抽選会もあります。友人・ご家族連れでぜひお越しください!

私、大橋ひろこもイベントを盛り上げに参加します!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね。
gfes2015_46860