日本フィナンシャルセキュリティーズ

原油価格を巡る展望2極化!

3月雇用統計を受けて、一時的にドル安が進行するなら
コモディティ反騰が期待できる今週。

3月米雇用統計、予想を大幅に下回る
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0MV03020150404」

先週末、雇用統計が発表された夜はGoodフライデーで休場、
市場が薄い中で、ドル円は1円もの下落、ユーロドルも買い戻され
ドル安という反応でしたね。

コモディティ市場は休場だったのですが、
このドル安を好感して週明けからは金や白金、プラチナなど
上昇すると思われます。さて、これが長期化するかどうか。

これはドルインデックスチャート。

100を付けてから下落、再上昇も99で再度下落に。
MACDを見ていてもまだまだドル安になりそうな気配ですが…。

◇ドルインデックス
ドルインデックス


先週末金曜日、ラジオNIKKEIでお話を伺った
資源食糧問題研究所の柴田明夫さんは
いずれ原油価格は反騰し、

①75-80ドル
②100ドル

水準に戻って落ち着くという2つの見方があるという
お話をしてくださいました。

題して「油価のNewNormal」

サウジの誤算と原油価格のNew Normal
http://blog.radionikkei.jp/trend/new_normal.html

一方で、まだまだ原油が下がるという見方も。

サウジアラビアの攻勢でますます進む原油安
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43405

原油価格25ドルまで下がる可能性も? 
イラン協議合意で輸出再開へ一歩 群がる石油メジャー
http://newsphere.jp/economy/20150404-1/

見方がぱっかり分かれていて、ここからのトレードは難しいですね。

結局42~55ドルの12ドルくらいの間で3か月近くレンジなのよ。

単純に見れば42ドルを下回れば20ドル台もあり、
55ドルを明確に上回れば、70ドルに向けてトレンド化の可能性あり、

という相場なのでしょうけれど、ボラが結構あるので
逆張りも怖いですし、順張りでもデイトレに抑えておかないと
あっという間に逆に持っていかれます。

トレンドができてから、、、がいいのでしょうか(^^;