日本フィナンシャルセキュリティーズ

ドルに方向なく金もレンジの範囲~WTI調整中も買い場近し?!

22日NY時間、金が急落。(それでもレンジよ)
n

ドル高のせいかな?

昨晩は3月の米中古住宅販売は
前月比+6.1%の519万戸と、市場予想の503万戸を上回り
2013年9月以来の水準に増加。
金市場はこれを受けて全般ドル高に動いたことが
嫌気されたものと思われます。

予想を上回る住宅指標を確認して
6~9月利上げ思惑はまた蘇ってきたような…。

米指標結果で、FRBの利上げ時期思惑が前後することで
ドルが動くので、金もこの動きに翻弄されています。

ドルそのものが、現在方向を失ってしまっています。
つまりレンジ。ドル円も、ユーロドル相場もみんなそうね。

政治的にはTPP妥結が近いとの思惑もあり、
日米双方の思惑としては「これ以上のドル高は歓迎しない」と
いうムードが強まっているような気がしますので、
ドル円相場が122円の今年の高値を突破するようなことは
ないように思うのですが、、
指標が良かったりすると早期利上げ観測が強まって
ドルが買われちゃうのねぇ。
おまけにギリシャ支援問題が気がかりで、
ユーロドル相場が神経質に推移しています。

ドルにトレンドができなければ、金にもトレンドができない。

って地合に入ってしまった感じですので、
取引するなら、今日のような急落をちょこっと拾って
レンジ上限近くで買い戻す。
というような逆張りトレーディングでしょうか。

私はレンジがすごく苦手なの(^^;
だから今、金のトレードは見送ってます。

************

原油、いい感じに調整中。

昨日は毎水曜恒例イベント
EIAエネルギー情報局の米週間在庫統計

「米原油在庫が過去最高を更新」ってヘッドラインがあるけれど
それって別に驚きじゃないです。毎週そうだもの。

今の市場関係者の注目は

「在庫の増加幅」

増加し続けていることは百も承知。
その増加幅がちょっと落ち始めた、ってとこに注目して
原油が買い戻されてきていたのです。

が、昨日発表された在庫統計では

予想が240~290万バレル増加だったのに532万バレル増で
予想を上回る在庫増になっちゃったのね。

だから22日NY時間、原油は弱含みとなったわけ。

・・・・それでも大きな下落にはなっていません。

ポジション調整の範囲内ですから、じっくり買い場を待ちましょう。

待っているのはピンクのライン~
WTI