日本フィナンシャルセキュリティーズ

中国金保有量公表に失望の金、半値押しで下げ止まるか?!

チャートの形がかなり悪かったので、嫌な予感はしていたんですが、、、
日本市場が3連休でお休みのときにやっちゃいましたか、金の1100ドル大台割れ。

※ドル建て金価格15分足
gold15

NY時間からじり下げで嫌なひけ方をしていたのですが、
今週東京マーケットがクローズでもスポット(現物)市場は
取引があります。週明けから真っ逆さまに落ちています。

プラチナも同様でプラチナはとうとう1000ドル大台を割り込んでいます。
明日、東京時間スタートからTOCOMの金、プラチナ市場も荒れそうです。
今夜NY時間にいくらか戻ってくれればいいのですが…。

おそらく理由は中国です。

中国が7月17日、なぜか急に
「外貨準備における金保量」を公表したのです。

中国の公的ゴールド保有量1658トン=15年6月末、6年余で40%積み増し
http://www.macaushimbun.com/news?id=11134

2015年6月末時点の外貨準備高 3.69兆米ドル(日本円換算:約458兆円)
そのうち、金(ゴールド)は 5332万オンス(約1658トン)

6年余で40%積み増し、、、この数字、どうとらえますか?

やはり、、中国は国策で金を買っていたのだな、ということが
改めて確認できたのですが、これを買い材料とみることはできないのでしょうか。

こちらの記事を見てみましょう。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NRNCZG6KLVR501.html

「一部ブローカーの予想に届かなかった。あまりに小さい数字で驚いた」
「中国がその3倍には増やしていたと考えていたのは私だけではないだろう」
と、あるディーラー談。

このあたりの考察は明日以降あらゆる専門家やメディアが
取り上げて解説くださると思いますが、要するに、

「え。それだけ?!もっと買ってると思ってた」

っていうのが、この下落の背景なんでしょう。

あるいはもっと買っていたのかもしれませんが、
このところの株価PKOのために金を売却したとか。
(これは私の邪推ですが。。)

しかし、なぜこのタイミングで発表したんでしょうね。
ツイッターつぶやきの一部には、金暴落の下値を
中国のファンドがせっせと買っているようだ、との情報もあって、
中国は金を買い集める姿勢は崩してはいないようです。

ただ、そのペースが市場が期待していたほどではない、ということ。

この安値は中国が買ってくるだろうと思われますし、
チャート的にも長い下ひげになっていますので
このまま奈落の底へ落ちるとは思いませんが、
さて、ここからどうしたものでしょうか。

月足チャートを見てください。
前回のブログで1080ドルくらいまでは下がるかも、
と書きましたが、ほぼピタリの水準で下げ止まりましたね。

※ドル建て金月足チャートフィボナッチ
gold月足

これ、金相場の最安値と最高値の50%押し水準なんです。

ここで下げ止まれるなら、金相場はここから新たな波動を形成
反発して高値を取りに行く可能性だって残っています。

ただ、この1080ドルをしっかりと割り込んでしまうと、、、
1000ドル割れで、800ドル台まで覚悟しないと
底入れは確認できないかもしれません。

まずはこの1080ドルがサポートできるかどうかが
とても重要なポイントとなるでしょう。

円建ては円安がサポートしていますが、
4500円割り込んでいる模様。池水雄一さんのお昼時点でのツイッターつぶやきでは
「インターバンク円建てではゴールドは現在4421円」

チャート的には4200円くらいまでの下落はありそうなんだけど、
それでもまだ、上昇トレンドは崩れていませんので、
月足チャートで見た下値をじっくり拾うチャンス到来です。

4500円割れはちょっとづつ買い下がりで。