日本フィナンシャルセキュリティーズ

エルニーニョで穀物・農産物銘柄に妙味アリ?!

今年の冬は暖冬予想のようです。

エルニーニョのせいらしいわ。

気象庁=エルニーニョ現象は来春まで続く見通し
https://www.rim-intelligence.co.jp/news/select/category/news-domestic/article/594378

エルニーニョって、去年から言われてましたよね。
昨年夏ころから発生が確認されており、
すでに1年以上エルニーニョ現象が観測されているのですが、
まだここから来春まで継続するようですから
随分長いことエルニーニョ現象が続くんですね。

しかも、今回のエルニーニョ、過去最大だった0997-1998年を
上回る希望となり世界各国での異常気象に警戒なのだとか。
ということで「ゴジラエルニーニョ」とかなんとか
呼ばれているらしい。

史上最強 ゴジラエルニーニョ発生か
http://bylines.news.yahoo.co.jp/morisayaka/20151013-00050392/

日本は暖冬、ということですが積雪も多くなる傾向が
あるようですから、積雪の被害には注意が必要かもね。

さて、なぜ天候の話謎をしているかと申しますと、
このエルニーニョが昨今の農産物価格の上昇の一因かも
知れないって話。

エルニーニョ現象、農産物商品相場を押し上げ
http://jp.wsj.com/articles/SB10673791720532773426104581290423249842498

過去のケースでは、エルニーニョ現象の発生発表から
12カ月間で燃料以外の商品価格は平均5.3%上昇なんて記述も。

足元のコモディティ価格の反騰は、米利上げが遅れるだろう
という観測が台頭したことによる巻き返しという側面も
多大にあるとは思いますが、穀物や農産物市場は
エルニーニョ警戒という側面もある、、、ということか。

そこで、先般ラジオNIKKEIマーケット・トレンドにご出演
いただいた小針秀夫さんはここからの大豆相場に注目!と
お話くださいました。

ゴジラエルニーニョを警戒、農産物市況上昇
http://blog.radionikkei.jp/trend/date/20151014/

小麦やトウモロコシ相場に比べて出遅れているほか、
現物市場に近い限月である「期近」モノの価格が高い
逆ザヤとなっているから、ということです。
daizusaya
確かに期近限月だけ突出して高いわね。
現物がひっ迫しているのかしら??
逆ザヤに売りなしと申しますが、もしかするとチャンスなのかも?!

さて、エルニーニョ相場となるんでしょうか。
注目してみていきたいと思います~