インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」| 岡籐商事株式会社

文字サイズ

  • 大きく
  • 標準

2月10日(土)午前6時30分~2月11日(日)午後15時まではメンテナンスのため口座開設を停止します。

FOMC後、ドル建て金若干の調整も強気継続、TOCOM金は・・・・

FOMCですが、、、受け止め方はそれぞれって感じですね。

声明は、景気に対しての見方が下方修正されました。
「世界の経済と金融の動きを注視し雇用と物価の影響評価」と
世界景気への配慮という意味ではハト派的だと見ることができますが、

米経済については前向きな判断を維持、利上げサイクルに関しては
完全に否定されず、ということで、米利上げに関してのスタンスは、
これまでと変わっておらず、それが、この脆弱なマーケットには
タカ派的と捉えられかねないような…

米FOMC金利据え置き、「世界経済を注視」:識者こうみる
http://jp.reuters.com/article/instant-view-fomc-idJPKCN0V52L2

これを受けて、3月も利上げあるのか?!ということで
米株が大きく下落。同時にドル建て金価格も下落しました。

COMEX金15分足
金15

市場の一部には、3月利上げ見送りの可能性もあるか?という期待もあったかな。
それが後退したということでしょうか。
ただ、株に比べてそれほど大きな下落ではありません。
これまでの上昇の利食い程度と言えばその程度ですよね。

また、これではっきりとドル高になったかというとそうでもないの。

通貨インデックスチャートです。ドル、ユーロ、円
通貨インデックスドルインデックスとユーロインデックスは同じようにもみ合っているだけ。
ただ、円インデックスの上昇が止まってここ6営業日は円安基調に入っています。

ということは、、、円建ての金が面白いってことじゃない?!
TOCOM金やはり。
COMEX金15分足と比較してみても、TOCOM金15分足はほとんど下げなかった。
これは、FOMC後、若干円高にはなったものの、その後切り返して再び円安基調にあるため
円安にサポートされた結果かもしれません。

ドル建て金はテクニカル的に200SMAにちょうど阻まれた格好なのですが
※日足COMEX金チャート

金日足

私がチェックしている290SMA。強い相場だと、ここまで到達することが多いのね。
本当に強いなら、このレベルまでは上昇する可能性があるんじゃないかと思っているのですが、、、
一目の雲お上に顔を出していますし、テクニカルはかなり改善してますね。

となると、ドル建て金が底堅く、上昇基調が続き、さらに円安基調が継続するなら
TOCOM金ももう少し高値を期待できるのではないかと思っております。

TOCO金日足
TOCOM金日足こちらも一目の雲の上限、そして200SMAと290SMAが同レベルを走っていますが、
だいたい4300円、この程度までの戻りは期待できる相場なのではないか、と思ってます。
その後のことはその後、また考える。