日本フィナンシャルセキュリティーズ

原油相場じり高、4/17ドーハ会合への期待続くか

金融面からはドル安、
需給面からは統計ミスで原油過剰在庫の半分がなかった可能性、、、

金融、需給両面からの強気材料にサポートされて原油価格が下がりません。
40ドル台に乗せても押し目待ちに押し目なしの様相。

投機筋らは相当強気になっているらしい。

原油価格見通し、投機筋が昨年6月以来の強気-産油国会合に期待感
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O4EBBA6K50XV01.html

当初3月20日にロシアで生産国会合があるとされていましたが
4月17日にドーハで開催されることになったようです。
いつの間にか延期されていますが、それでも失望されることなく
この会合での生産抑制合意にも期待が高まっているらしい…。

投機筋がショートポジションを買い戻してロングに転じている、
ということが価格上昇の背景であるならば
彼らが現在のロングを利食って来るところで相場は終わるわけですが、
45~50ドルの水準って長くレンジをやっていた経緯があるので
このあたりまで戻るとやれやれの売りも出そう。
週足で見ると一目の雲も上値を抑えそうですね。
1111111111111

もともと投機筋の原油ロングもポジションもかなり多いんです。

ロシア銀行はこの上昇に慎重姿勢。

ロシア中央銀行、原油価格の新たな下落に備える
http://jp.sputniknews.com/business/20160318/1806988.html

さすがに26ドル台大底だったと思われますが、
30ドル近辺までの下落が再度来る可能性は否定できませんね。