日本フィナンシャルセキュリティーズ

ドラッケンミラー、金に強気。GSは金価格上方修正も…?!

金融貴金属アナリスト亀井幸一郎さんのブログで
ドラッケンミラー氏が金の組み入れ比率を最高にしていることを知りました。

スタンレー・ドラッケンミラーが金の組み入れ比率を最高にしているらしい
http://blog.goo.ne.jp/msi021112/e/0d7db20bbe48e35b68ae5e982fdeb0c7

日経新聞のウォール街ラウンドアップの記事に出ていたのね。
見落としていました^_^;


遠のく利上げに踊らぬ市場
http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO02102680Q6A510C1ENJ000

ドラッケンミラー氏は何に投資しているのか。「人によってはただの金属だと考えているが、私たちは通貨だと思っている。それが我々の最大の配分先だ」。1年3カ月ぶりの高値圏にあり、市場混乱に強い「金」だ。」

ブルームバーグにも記事が。

シンガー氏:金相場の上昇は始まったばかり-中銀への信頼感低下で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-05-11/O6ZYT36S972A01

資産家のポール・シンガー氏は四半期ベースでここ30年で最高のパフォーマンスを示している金相場に関して、回復は始まったばかりである可能性が高いとの見方を示した。


そしてそして、今年の2月には金は1000ドルまで下がると言っていた
ゴールドマンサックスですが。。。

ゴールドマンは金相場下落を予想、年内3回の米利上げで1000ドルに
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-02-09/O2A9FW6K50YE01

予想を修正しました。

ゴールドマン、金相場予想を上方修正-先行きには弱気維持
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-05-11/O70B7E6JIJUP01

3カ月後の金価格予想を1200ドル、半年後を1180ドル、1年後を1150ドルに上方修正した。従来はそれぞれ1100ドル、1050ドル、1000ドルと見込んでいた。現在の金価格は1オンス=1270ドル前後。

・・・・とはいえ、苦しい上方修正という感じね。

だって、今年は1300ドルまで上昇しちゃってますし、
当初の1000ドルってのが現実的じゃなくなったから
もうちょっと上の水準に訂正しただけです。

だから決して強気予想に転換じゃないですね。
今の価格より安い価格に見通し変更。

ということで、その方がむしろ金ブル派にとっては安心かな。

猫も杓子も(ゴールドマンのことじゃないです^_^;)金買いに転じてしまうと
もう上がらないでしょ。

一部に金強気派が出てきた、というくらいの相場が最も希望がある。
まだ始まったばかりということです。
昨年末は総悲観。誰もが金はもう終わりだと思っていました。
そういう時がド底。ということでしょう。

まだまだ、金融市場において金強気派は少数派です。

金価格は再び1300ドル、数年のうちに1500ドルを突破するんじゃないかしら…。