日本フィナンシャルセキュリティーズ

ドル高で金安はわかるけど、なぜ原油は下がらない・・・?!

5月18日㈬に4月のFOMC議事録が公表され、
6月の利上げの可能性が急浮上してきたことで、ドル買いが優勢です。

ドル高ですが、原油市場は独自のラリー。下がりません。
確かにナイジェリアの石油施設破壊の影響や、カナダの山火事が思わぬ供給障害となっていることで
需給バランスが意外と急速に進んでいるという側面もありますが、
これだけドル高なのですから、この上昇は解せません。
投機筋によるラリーという気がしますね。これは、6/2のOPECまででしょうか…。
ここからの高値掴みはリスキーですが、売るのも憚れる相場ですね(;’∀’)

昨日の上げは、米在庫統計によるものですが・・・

 NY原油先物価格 7か月半ぶりの水準に値上がり
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160526/k10010535461000.html

※WTI原油日足チャート
g原油
一方で、ドル建て金価格は御覧の大調整。

金よ

ユーロドルの下落と相関していますね。
ユーロドルが下落するということは、ドル高です。

※ユーロドル日足

yu-rodoru
金価格の動きのほうが自然です。金融要因、ドル高に素直に反応しています。
原油価格は何かをきっかけに、大きく下落するリスクが増している気が・・・。
6月2日にOPEC会合がありますが、ターニングポイントとなるでしょうか。。。

金は1200ドル大台を守ることができるかどうかがポイントですね。
今回の1月からの上昇の38.2%押しも1205ドル近辺にあります。
ここで止まれば調整、ここを割り込むと、ひと相場終わったことも覚悟。

1200ドル近辺までもうひと下げあれば、買い出動(打診買い)してみたいと思います。