日本フィナンシャルセキュリティーズ

FOMC受けて金躍進、注目はプラチナ

FOMC受けて金がポーンと上がりました(*’ω’*)

※ドル建て金15分足

 ゴールドそんなに7月FOMC声明ハト派的だった??

いいえ、どちらかというとタカ派的ととらえた向きのほうが多かったのよ。

リスク後退で年内米利上げに含み、FOMC金利据え置き
http://jp.reuters.com/article/fomc-trunk-story-idJPKCN1072F4

~経済は緩やかなペースで拡大したとし、6月の雇用は大きく伸びたと指摘した。
また家計支出も「力強く増えた(growing strongly)」とし、労働資源の活用も拡大したとの認識を示した。

声明が、強いトーンだと受け止めたマーケット、
一時はドル高に振れたのですがドル高は長く続かず、一転ドル安へ。

※通貨インデックス一覧

ドルインデックス
声明が強気で、年内利上げの可能性を残したというなら
ドル高になって株が落ちて、金も落ちる、、、はずでしょ。
マーケットは全然利上げを織り込みに動かないんですね。不思議。

貴金属市場の値動きを見ていると、ドル安を織り込んでいるとしか、、。

あ、パラジウムだけはちょっと分けてみたほうがいいかと思いますが(;’∀’)
(流動性が低く、供給元がロシアに偏り過ぎていてロシアネタで動く銘柄なの)

自動車生産の伸びに伴い、中国のパラジウム輸入は1-6月に30%増加
しているという需要増もあるようですが、、、
け、景気いいの??アメリカも自動車販売好調だよなぁ。。

ということでひょっとするとパラジウムは需給要因もしっかりあるかも
しれませんけど、金などはやはり金融要因が大きい銘柄です。
ドル安が金高の最大の要因となりますから、昨晩の上昇は意外なのよね。

それから、注目はプラチナです。

※貴金属相場チャート一覧


貴金属インデックス


チャート的には新境地開拓の強い相場に発展しそう。

南アフリカの白金鉱山労働者組合(AMCU)は、
労働者の賃金契約が6月末に失効となったことを受けて、
2年契約で15%の賃上げ要求を12日から開始しているはず。
あまりニュースがないので、現状がよくわからん。

南アフリカってインフレ率が高いのよね6%くらいある。
だから無謀な賃上げ交渉というわけでもないんだけど、
鉱山会社はこれを受けられない懐事情が。。。
世界最大の白金鉱山会社であるアングロ・プラチナの上半期の利益は
70%減見通し。ということで、労使交渉は簡単にはまとまらないと思われ、
長期化すればストライキ突入の可能性も。

ということで思惑によるプラチナ買いの部分もあると思われ
意外とすんなり賃上げ合意があればプラチナ価格が急落するリスクは
あるものの、すんなりいくとは思えず、金高トレンドも継続、
同じ白金族のパラジウムも高値更新中であることから
出遅れていたプラチナがここからscaleの大きい踏み上げ上昇相場に
発展する可能性は大きいかも~って気がしています。

あ、昨日のFOMC直後、ドル建て金と原油を拾ったのですが
プラチナも押し目待ちで拾っていこうかと思案中。

ドル安相場が長期化するなら、コモディティの見直し相場は
大きくなる可能性は大きいと思います。

*************************

ひろこの知らないコモディティの世界in東京 8/5金曜開催です!

http://www.nihon-fs.co.jp/seminar/seminars/20160805_tokyo

ホントに面白くてチョーためになるので是非足をお運びください。