日本フィナンシャルセキュリティーズ

9月利上げ思惑後退でコモディティ下げ止まる?!原油需給はじゃぶじゃぶ

雇用統計が「予想の数字より悪くて」9月利上げ観測は割れています。

というかCMEのFedウォッチでは9月利上げ確率21%程度しか織り込んでいません。

どちらかというと12月は利上げアリでも9月はないんじゃないの?

というムードが支配したことで、米株、ゴールド、原油などが上昇したNY市場。
しかしながら、ドル円は強い。これは9月日銀への思惑もあるためでしょう。
ドル円と日経は底入れしたという見方が広がりつつあります。

後は、いかに米株を崩落させずに利上げを織り込み実施するか、ってとこ
でしょうけれど、あれだけFed要人が9月利上げもあり得るって
繰り返しているんだから、それでホントに利上げがあってサプライズだとか
騒いで損失を出すようなファンドマネージャーがいたら首ですよ、クビ。
確かに金利先物市場の折り込みは低いままですが…。

そしてコモディティ。

原油は、サウジとイラクが7月の原油生産が過去最高だそうで。
もし9月に増産凍結が合意されても、過去最高レベルの生産で凍結って
全然タイト感が出ないと思われ、(いつ時点で凍結するのかすらわかりませんが)
増産凍結でも、供給過剰状態には変わりありません。
どちらかというと、合意は難しいのではないか、と思われているのに
原油が底堅いというのも不思議ですが、それだけ、原油は下がりにくくなっている
ということであり、今年の1-2月までに見られたような急落はもうないのかもしれません。

今は需給というより、イベントドリブンに近い。
9月アルジェリアの非公式会合に向けた各国要人発言に神経質に
動くんでしょう。この値位置ではバイアスをかけにくく、トレードしにくいわよね。

今のところ、サウジやロシアが増産凍結にポジティブスタンス。
これが下値を支えています。

サウジアラビア 原油増産凍結でイラン含めた合意に期待
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160903/k10010667641000.html

焦点:サウジ、原油安容認を転換か アラムコIPO控え
http://jp.reuters.com/article/saudi-aramco-oil-price-idJPKCN1180E6

増産凍結、原油市場に正しい決定─ロシア大統領
http://jp.reuters.com/article/oil-opec-russia-idJPKCN1180OZ
ロシアのプーチン大統領が米通信社とのインタビューで、
主要産油国による増産凍結合意を期待していると述べた。

40~50ドルくらいのレンジじゃないかと思っています。

原油の基本的な流れについては下記取材記事をご覧ください。
住友商事グローバルリサーチ社長の高井裕之氏にインタビューしています。

住友商事・高井裕之氏に聞く原油相場(1)
原油暴落でも減産しなかったサウジの思惑
http://zai.diamond.jp/articles/-/200035

今日、続編が公開されています。↓

住友商事・高井裕之氏に聞く原油相場(2)
原油価格は40ドル-60ドルのレンジ相場へ
http://zai.diamond.jp/articles/-/200162