インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」| 岡籐商事株式会社

文字サイズ

  • 大きく
  • 標準

2月10日(土)午前6時30分~2月11日(日)午後15時まではメンテナンスのため口座開設を停止します。

は行

は行

倍率(ばいりつ)

取引単位を呼値で割って求めた数値。ある商品の約定価格に倍率を乗じれば総取引金額が、値動きに倍率を乗じれば当該取引の損益が計算できる。金(標準)先物の倍率は1,000倍。

端境期(はざかいき)

穀物や砂糖、コメなど、生産に季節性のある商品で使用される用語。前年度の収穫物と新年度の収穫物(たとえば古米と新米)の供給が切り替わる境界の意味で、新しい収穫期がくる直前の時期を指す。

始値(はじめね)

ある取引セッションで最初に成立した価格。

発会(はっかい)

新しい限月の取引が始まること。

標準品(ひょうじゅんひんとりひき)

商品取引所の受渡しで、売り手が買い手に渡すことが認められている基準となる商品。標準品ではないが受渡しが認められている受渡し供用品は、標準品に対してプラスまたはマイナスの価格差をつけて受渡しされる。

ファンダメンタルズ(ふぁんだめんたるず)

経済の基礎的な条件。商品先物取引では、商品価格の変動に影響を与える基礎的な経済条件を指すのが一般的。

フィル・アンド・キル(FaK)(ふぃるあんどきる)

複数枚の売買注文を出した場合に、1回の約定機会で約定できる枚数を約定し、残りはキャンセルする約定条件。

フィル・アンド・ストア(FaS)(ふぃるあんどすとあ)

複数枚の売買注文を出した場合に、1回の約定機会に約定できなかった場合、残りはキャンセルせず、別の約定機会に約定を目指す約定条件。

フィル・オア・キル(FoK)(ふぃるおあきる)

複数枚の売買注文を出した場合に、1回の約定機会で全量が約定できない場合は、注文全部をキャンセルする約定条件。

平準化(へいじゅんか)

取引所機能のひとつである「価格平準化機能」のこと。価格が需給を調整するとともに、先物市場でも、割高な市場では売り注文が多く入り、また割安な市場では買い注文が多く入ることで、価格がならされる(平準化される)働き。

ヘッジ(へっじ)

主として当業者が、商品先物市場を通じて、商品価格の変動リスクを回避または軽減する行為。ヘッジングともいう。

ヘッジャー(へっじゃー)

ヘッジ取引を行う市場参加者。

ポジション(ぽじしょん)

建玉(ポジション)に同じ。

ボラティリティ(ぼらてぃりてぃ)

価格の変動率。ボラティリティが高ければ価格の変動幅は大きい。


CX用語集