インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」| 岡藤商事株式会社

文字サイズ

  • 大きく
  • 標準

2月10日(土)午前6時30分~2月11日(日)午後15時まではメンテナンスのため口座開設を停止します。

さ行

さ行

サーキットブレーカー(CB)制度(さーきっとぶれーかーせいど)

1日の中で固定的な値幅制限を設けず、あらかじめ設定したCBの値幅外の価格で注文が対当した場合に、一定時間、立会を中断し、その後CBの値幅を拡張して立会を再開する仕組み。

材料(ざいりょう)

相場を騰落させる経済的、政治的、社会的な原因や事情。

先物取引(さきものとりひき)

将来の一定の時期において、商品およびその対価の授受を約する売買取引で、①当該商品の現物の受渡し、もしくは②建玉(ポジション)の転売または買い戻しによる差金の授受、により取引を決了することのできる取引。

差金(さきん)

売り(買い)約定値段と買い(売り)約定値段の価格の差。

差金決済(さきんけっさい)

現物の受渡しをせず、反対売買を行い差金の授受をもって商品先物取引の決済をすること。

指値注文/指値(さしねちゅうもん/さしね)

取引にあたって、売買の価格を指定する注文を指値注文という。指値はその価格。

サポート(支持)(さぽーと)

相場の下げ局面で、これ以上は下がりにくいとされる節目の価格(⇔レジスタンス)。しかしサポートをブレイクしてさらに下げた場合は、同じ価格がレジスタンスとなる。

サポートライン(さぽーとらいん)

チャート上で、サポートにあたる価格を結んだ線(⇔レジスタンスライン)。

サヤ取り(さやとり)

相場の変動、地域差、時間差などによる売り値と買い値の拡大・縮小を利用して、差益を取の獲得を目的として行なう取引戦略。スプレッド取引ともいう。

ザラバ仕法(ざらばしほう)

条件のマッチした買いと売りの注文を価格優先・時間優先の原則に従って約定させる取引仕法。

産業のインフラ(さんぎょうのいんふら)

資産運用機能とは別に、事業者や社会一般に対して、価格リスクのヘッジ機能、現物取得・換金機能、将来価格の発見機能を提供する商品先物市場は産業のインフラ(基盤)と称されている。

支持/支持線(しじ/しじせん)

サポート、サポートラインに同じ。

仕切る(しきる)

売り建玉(ポジション)を買いもどしまたは買い建玉(ポジション)を転売して取引を決済すること。

順ザヤ(じゅんざや)

期近から期先にいくに従って価格が高くなっている状態。取引商品に対する倉庫料や保険料がかかるため、順ザヤとなるのがふつう。

順張り(じゅんばり)

価格のトレンドに沿って、上昇トレンドなら買いを、下降トレンドなら売りを建玉(ポジション)する手法。トレンドフォローともいう。(⇔逆張り)

証拠金(しょうこきん)

商品先物取引に参加するために必要な担保金の総称。

商品先物会社(しょうひんさきものかいしゃ)

経済産業大臣または農林水産大臣(主務大臣)より許可を受け、投資家の委託注文を商品先物市場に取り次ぐことができるた事業者。正式には商品先物取引業者という。

商品取引所(しょうひんとりひきじょ)

商品または商品指数の先物取引を行うために必要な市場を開設することを主たる目的として、商品先物取引法に基づいて設立された組織。

新規(しんき)

仕切りではなく、新たな建玉(ポジション)またはそのための売買注文のこと(⇔仕切り)。

新甫(しんぽ)

発会日に新たに取引が開始される限月のこと。

スイングトレード(すいんぐとれーど)

数日間にわたって建玉(ポジション)を維持する取引スタイル。

スキャルピング(すきゃるぴんぐ)

ごく薄い利益を積み重ねて収益につなげる取引スタイル。

スタンダード・コンビネーション注文(SCO)(すたんだーどこんびねーしょんちゅうもん)

同一商品の2限月における価格差(スプレッド価格=期近限月-期先限月。値ザヤともいう)を指定して、売りと買いの同枚数をワンセットの注文として発注する売買注文。

ストップ注文(SO)(すとっぷちゅうもん)

ある注文を発注するために、条件をつけることができる注文方法。指定した条件を市場が満たした時に、リミット注文またはマーケット注文として有効とすることができる。

スプレッド取引(すぷれっどとりひき)

サヤ取りに同じ。スプレッドは価格差のこと。

スマートCX(すまーとCX)

市場が売り(または買い)注文一色で、気配値だけが下がり(上がり)続けて投資家が反対売買をできない(市場離脱できない)異常事態でも、先物会社とあらかじめ約束した価格で、取引証拠金の範囲内に損失を限定した決済注文を約定することができる取引。

総取引金額(そうとりひききんがく)

ある商品の現物引き取り時に支払う金額になどしい額(ただし手数料などは考慮しない)。約定代金に当該商品の倍率をかけて算出する。「総約定代金」「丸代金」ともいう。

損切り(そんぎり)

取引を終了すれば損になることを承知でする手仕舞いのための取引。


CX用語集