インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」| 岡籐商事株式会社

文字サイズ

  • 大きく
  • 標準

2月10日(土)午前6時30分~2月11日(日)午後15時まではメンテナンスのため口座開設を停止します。

注文に関するルール

注文に関するルール

約定条件の種類

約定条件には3つの種類がございます。

約定条件(略称) 内容
FaS(Fill and store・フィルアンドストア) 約定できる数量は約定し、残数量は注文が板に残ります。
FaK(Fill and Kill・フィルアンドキル) 約定できる数量は約定し、残数量は注文が失効となります。
FoK(Fill or Kill・フィルオアキル) 全量約定するか、全量約定できない場合は注文が失効となります。

執行条件と約定条件の組み合わせ

Expertでご利用いただける執行条件および約定条件は以下の通りです。

執行条件
(注文の種類)
選択可能約定条件
指 値(さしね) FaS FaK FoK
成 行(なりゆき) FaK FoK
対当指値(たいとうさしね) FaS FaK FoK
SO指値(エスオーさしね) FaS FaK FoK
SO成行(エスオーなりゆき) FaK FoK
SO対当指値(エスオーたいとうさしね) FaS FaK FoK
引 指(ひけさし) FaK
引 成(ひけなり) FaK

※Expertでは「Standard Combination Order(SCO)」はご利用いただけません。各種執行条件の詳細はこちら。

注文の有効期限

約定条件 有効期限
FaS 最大7日間まで(当日を含む・暦日ベース)
※有効期限が複数日に及ぶ場合、注文を自動で取消した後、計算区域毎に再発注するため、注文優先順位は引き継がれません。
FaK
FoK
1セッション限り
日中立会に発注した場合は、その日中立会終了まで有効。
夜間立会に発注した場合は、その夜間立会終了まで有効。

注文の変更・取消

注文後に有効期限など各種変更や注文の取り消しなどは、取引ツール「注文⇒変更・取消」画面から設定いただけます。

Expertでは、委託された売買注文のうち未成立の売買注文に限り注文の取消または変更することができますが、この場合、取引所へ再発注となるため、当初保有していた注文の優先順位が取り消され、新たな注文の発注となります。従って、優先順位が引き継がれませんので、お客さまにとって不利となることがあります。
※条件付注文(IFD・IFO新規注文およびOCO仕切注文)では、一部、注文の変更を制限しています。

例)ひとつの注文を変更する

torikeshi

①サブメニュー「変更取消」ボタンをクリックすると、「注文変更・取消」画面が表示されます。
②変更または取消したい注文の上で右クリックし、グレーバックの状態にします。
③画面右上の「注文変更」をクリックします。
④「注文変更」画面が表示されますので、必要に応じて内容を変更し、「確認」ボタンをクリックします。
⑤「注文変更内容確認」画面が表示されますので、内容をチェックした後、「変更」ボタンをクリックします。
⑥「注文結果」画面が表示されたら、変更・発注は完了となります。

例)一括で注文を変更する

torikeshi1

①サブメニュー「変更取消」ボタンをクリックすると、「注文変更・取消」画面が表示されます。
②画面右上の「一括変更」をクリックします。
③「一括変更」画面が表示されますので、必要に応じて変更し、「確認」ボタンをクリックします。

建玉制限

Expertでは、独自に建玉制限は行っていません。
東京商品取引所が定める建玉制限の範囲内で、投資可能資金額を超えない範囲の数量まではお取引いただけますが、1回の注文で発注できる数量(枚数)に制限がございます。

※東京商品取引所(TOCOM)が定める建玉制限の詳細はこちら

1回の注文で発注可能な枚数

銘柄 限月 警告枚数 制限枚数
金・銀・白金・
パラジウム※
1番限
(当限)
10枚
1回の注文で10枚以上発注しようとすると、「発注枚数が多いですが宜しいですか?」と警告のメッセージが出ます。
49枚
1回の注文で発注できる上限枚数は49枚です。50枚以上発注しようとすると、「受付可能な枚数を超えている」旨をお知らせするメッセージが出ます。
全銘柄 1番限
(当限)以外
100枚
1回の注文で100枚以上発注しようとすると、「発注枚数が多いですが宜しいですか?」と警告のメッセージが出ます。
999枚
1回の注文で発注できる上限枚数は999枚です。1000枚以上発注しようとすると、「受付可能な枚数を超えている」旨をお知らせするメッセージが出ます。

※Expertでは、金・銀・白金・パラジウムに限り、1番限(当限)の新規発注が可能です。
 ただし、新規発注が可能となるのは、当限(納会月)15日(休業日の場合は前営業日)までとなります。


Expert取引ルール